So-net無料ブログ作成
Video Gameの棚 ブログトップ

キャプテンレインボー [Video Gameの棚]

2008年8月28日に発売になった、Wii専用ソフト『キャプテン・レインボー』。
ファミ通などで、記事をみつけるごとに、そのゲームに惹かれるものを感じておりました。
でも、買うかどうかは悩んでいたのですが、
やっぱり、買うことにしました。
ということで、今日にでも買いに行こうかな、と。
キャプテン★レインボー

キャプテン★レインボー

  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • メディア: Video Game

登場してくるキャラ達は、
今までのゲームでサブキャラとしてあまり日の目をみてこなかった
かたがた、ということなのですが、
ずっと誌面の背景や人物を見ていると、
開発スタッフの人たちに、『大神』の人が関わってないかしらん、
と思ってしまうところがありました。
ふぁみこん話に出てくる「ひかり」のいるあたりの写真をよくみかけましたが、
その背景が和風なこともあってか、筆っぽい感じも手伝ってか、
「大神」っぽい背景だなぁなどと思ってしまいました。

まぁ、それも気になるゲームになった要因のひとつでありますが、
公式サイトを訪れると、流れてくる音楽の感じが、すでに何かあれれ、という予感。
そして、ゲーム中にでてくるちびロボ!やギフトピアのサブキャラたち。
最初の読みは外れたのかもしれませんが、別の意味でな人々が関わってるのか?

特に気にせずにいた時に心に引っかかった『キャプテン・レインボー』、
とりあえず、スタートラインに立つべし、ですな。

購入後のはなし


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

PSの高額流通ソフトがPSPで試せる喜び。 [Video Gameの棚]

最近、モンスターハンターポータブル系のソフトの
おかげで、PSPが断然盛り上がっています。
PSPを初期のころに購入した私としては、マイナーチェンジ版を
出されてしまったり、古いPSPユーザを置いてきぼりにしている部分は
ちょっと残念な気もしますが、システムが整って、
PS3未所有でも、ゲームアーカイブスから、PSP対応の
往年のソフトをダウンロード&プレイできるようになっているのは、
評価できるな、と思っています。

中古市場で高値取引をされている作品も、PSPを持っていれば、
600円でしかも携帯ゲーム機で楽しめる、というのは魅力的です。
PSP用の新作ゲームに魅力を感じられなくても、
長い間据え置きハードの王者として君臨してきたソフトストックにより、
ゲームアーカイブスの充実さを補えているような気がします。
私は専ら、ゲームアーカイブスでPSPを楽しむ派になっています。

Wiiの場合は、DSには落とせませんからね。
GBA側に専用ダウンロードソフトを入れて、DSにバーチャルコンソール
配信ソフトをおとして遊べたら、楽しいかもな、と思っていますが。
あと、価格的にも、ゲームアーカイブスの方は600円主体で
PS品質のゲームができるのが魅力。バーチャルコンソールは
SFCだと800円主体だし、N64だと1000円を超えるから、
落とすまでにすごく考えてしまうのです、私の場合。

もとい、PSのソフトで、高値取引されているゲームとしては、例えば
『パネキット』がすでに配信されています。
さまざまなパーツから、自分でマシンを作って、島を走らせる、
工作やブロック遊び好きには魅力的なソフトです。
パネキット

パネキット

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game
そして、2008年6月からは、スクウェア・エニックスから
『アストロノーカ』と『ラクガキショータイム』が配信開始されました。
アストロノーカ

アストロノーカ

  • 出版社/メーカー: エニックス
  • メディア: Video Game

ラクガキショータイム

ラクガキショータイム

  • 出版社/メーカー: エニックス
  • メディア: Video Game
いずれも600円で遊べるように。
ゲームを噂でしか知らなかったとしても、
600円で試せるなら、実際高値取引されるほどの価値がある
ゲームなのか、おとしてみようかしら、というお手軽さになりました。
こんな感じで、『マイガーデン』など他のソフトもどんどん配信されるように
なればよいわ~、というところです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

地味な販売本数でも、面白いゲームはある。 [Video Gameの棚]

宝島Z バルバロスの秘宝

宝島Z バルバロスの秘宝

  • 出版社/メーカー: カプコン
  • メディア: Video Game


ということで、ファミ通なんかを眺めていて、思ったのは、
現在発売されているWiiのソフトは任天堂発のものに関しては、
まぁ、順調にたくさん売れているねぇ、と感じるのですが、
サードパーティ、っていうんですか、他の会社が出しているソフトは、
のろのろカメさんな伸び、というように感じるのですが、いかがですか。

しかしながら、です。あんまり本数が伸びてなくても、
やってみたら面白かったよ、っていうゲームもあるわけで。
カプコンのゲームって「大神」の他は、多分あまりやったことないんですけど、
上記の「宝島~」は誌面とかネット上の人の感想とか、YouTubeとかで
見たら、なんだか面白そうと思って気になっていて、
ゲーム屋さんで新品があれまーお安いこと、という値段で手を出しやすく
売っていたので、GC用のGBAケーブルなどと一緒に買ったんですね。
送料無料のために。

2007年にゲーム自体は確か、よかったよ~みたいな賞をもらってるみたいだったので、
それなりの期待をしていたんですが、やっぱり面白かった。
Wiiリモコンの特徴を生かして、あらゆるギミックを考えながらクリアして、
箱庭的な各ステージで宝箱を手に入れる、という流れはよくできています。

子供のころのおもちゃに、鍵をさすまわすとか、ボタンを押すとか、レバーを引くとか、
そういういろんな仕掛けがあるモノがあって、そういうのにワクワクしていたことが
ありましたが、それの延長で、そのアクションをゲーム上で楽しみつつ、かつ考えて
謎解きもする、というのは、やっぱり楽しいかも、と思いました。
よく「ゼルダ」シリーズの謎解きだけを集めた感じ、という感想を見かけますが、
まぁ、なるほどな、というたとえではあります。
でも、特化している分、もっとできることはあるので、よりわくわく度はあります。
そして、意外に頭が固くなっている大人の私のようなプレイヤーは
よーく考えてやらないと、そんな簡単なひらめきができなかったのか!
と気付いた時に思ったりもします。
出てくるキャラクターたちもコミカルで、それも好印象です。

ということで、市場では、新品でも値がお手ごろになってきているこのゲームですが、
なかなかお勧めの一本です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

ねこそぎトルネード [Video Gameの棚]

DSのお試し版などをダウンロードできるステーションで、
去年、2週間置きくらいに次々と発表されていた、
任天堂ゲームセミナーの受講生による作品。

たしか、その一つだったと思います。
『ねこそぎトルネード』が、面白かった!
そうだ、ブログにかいてオススメしようと思っていながら、
ずっと忘れていました。もう配信は終わってます、残念ながら。

一度電源を落とすと消えてしまうので、
受信後、ちょっと試しにやってみて、面白かったため、
スタンバイ状態で家に帰り、しばらく遊びました。
受講生の作品はソフト化されないのですが、
これは、もう少し掘り下げてから商品化したら楽しいかも、と思いました。

簡単操作で爽快感のあるシューティングゲーム的作品。

続きを読む?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

『Elebits』 [Video Gameの棚]

発売日に買ってから、12月中のみ遊び、
そして、今月まで封印させられていたWiiが解禁になりました。
早速、バーチャルコンソール用に5000ポイント+コントローラを購入。
数量限定だってことでしたが、まだうっているものなのですね。
そして、今は、友人から借りた『Elebits』をやっているところです。

エレビッツ

エレビッツ

  • 出版社/メーカー: コナミデジタルエンタテインメント
  • 発売日: 2006/12/02
  • メディア: ビデオゲーム

エレビッツ公式ガイドコンプリートエディション

エレビッツ公式ガイドコンプリートエディション

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: コナミデジタルエンタテインメント
  • 発売日: 2007/02/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

エレビッツ達のデザインが可愛くてすきです。レッドエレビッツは『Xi』のキャラに似てるし。
ゲーセンのノベルティに手触り抜群のエレビッツぬいぐるみがあります。
見かけたら、ゲットしましょう、おすすめです。

さて、ゲームの内容にちょっとふれます。

続きを読む?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

リズム天国 [Video Gameの棚]

リズム天国

リズム天国

  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • 発売日: 2006/08/03
  • メディア: ビデオゲーム

GBA用ソフトです。「メイド・イン・ワリオ」系のソフトを開発したスタッフが、
手がけているそうですが、いや~これ、面白いですよ。
DSがもはやPSPを遙かに凌駕して(と、今のところ言っても過言では……)、
DS主流のこの時期に、GBA用ソフトとして発売された本作ですが、
イケてます。買って損はしないです、たぶん。
今までの音ゲーと違って、感覚的なリズム感をたよりに出来る本作は、
本当の意味で、リズムにノッて楽しむことができる音ゲーと言えます。
だから、より自分のリズム感のズレを知り、「こんなはずじゃ……」などと
落ち込むこともできるわけです(-_-)。

使用音楽も楽しいし、中には「つんく作」の曲もあったりします。
絵柄も、シンプルながら個性的で、大人でも十分息抜きに楽しめる!
GBAソフトながら、この前行ったヨドバシアキバでは、FF3と共に品切れていました。
今回、「チンクル」と共に店頭のお試しで気に入り、購入。
とりあえず、今、やりまくってます!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

『大神』 [Video Gameの棚]

大神(OKAMI)

大神(OKAMI)

  • 出版社/メーカー: カプコン
  • 発売日: 2006/04/20
  • メディア: ビデオゲーム


大変すばらし~です!!!
これは、多分新品で買っても損しないタイトルです。
期待通りの質の良さに、ただただ、夫婦で「い~ね~」、
「すごいね」、「きれいだね」を連発。そして、登場人物たちのおちゃめさに、
笑う、旦那の「うふふふふ、あはははは」が聞こえてきます。

アクションアドベンチャー系が苦手の私達にも、やさしい、操作感覚。
「筆しらべ」を使って、マップのあちこちに変化を加えてみることのできる楽しさ。
そして、ポリゴンなのに、それを感じさせない、独特なフィールド。
颯爽とフィールドを走り抜ける時、高い位置から飛び降りる時の爽快感は、
たまりません。旦那は、股間がすーっとするそうです。

ロード中の画面にまでちょっとしたお遊びを盛り込み、非常に丁寧に作られた、
ゲーム。文句なく、素直に賞を受賞したことに拍手を送りたいです。

今は、判型が大きめの、
大神 攻略之書

大神 攻略之書

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: カプコン
  • 発売日: 2006/04/28
  • メディア: 大型本

↑の本が、出ていますが、これは設定資料が中心の本。
6月3日にはエンターブレインから、完全攻略本も発売予定です。
しかしながら、早速、攻略サイトが出来ていますし、何より、まずは、
余り本や情報に頼らないで歩き回ってみる方が楽しいかもしれません。

是非是非、多くの方に遊んで欲しいオススメのゲームです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム
Video Gameの棚 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。