So-net無料ブログ作成

2005年6月12日の小谷美紗子ライブ。 [小谷美紗子の棚]

6月12日の日曜日は、
楽しみにしていた、小谷美紗子の東京でのライブに行ってきました。
前日辺りから人生の分岐点に悩み悩みしていて、
先日友人の結婚式のために帰省したばかりでしたが、
また、ちょっと帰省するかな~と思っていました。
が!この日のライブだけははずせん!と思い、
六本木のスイートベイジル139に行ってきました。


整理番号は、早い順だったけれど、会場15分ほど遅れてついたら、
既にもう、ずっと後の人たちになっていて、
結局意味なしの番号となりました。ま、自分が遅れたから仕方ないけど、
ライブにしか興味がない自分にとっては、
ライブが始まるまでの1時間半が苦痛でした(^^;)。

会場になった場所は、結婚式の二次会にも使えるらしい、
ライブステージのついたハーブ主体の食事を楽しめるところ。
本来なら、1時間半開演まで時間があるのは、ライブ前の時間に
食事などを軽く楽しめば~みたいなことなんだろうけど~。
人を伴って行ったわけでもない独り者には、そして、中途半端な時間帯
(16:30開場、18:00開演)だったから、食事という気にもなれず、
無駄に長い時間でした。ひたすら苦行、苦行の気分。
さて、小谷美紗子のライブは初経験となりました。
それまで、東京はもちろん、実家のあるところでも、
よく彼女のライブは催されており、
機会が有れば一度行ってみたい、と思っていたものの、
行きそびれが続き、今回までおあずけでした。

今回は、100sのメンバーである二人をベースとドラムに迎え、トリオでの
ライブでした。これはまさに、私の好きなben foldsがben folds fiveであった時の
形で、ピアノが主体の小谷さんのライブにはgoodだと思いました。
以前にも触れましたが、小谷さんの声は今時珍しく魂の入った声で、
最近よく耳にするような薄っぺらいものとは違った力強さがあり、
とても、心に響きます。今回生でますますその表現力の高さを実感。

新作『adore』の曲を中心に、古い曲も交えたっぷりと唄ってくれました。
他の楽器が入ったアレンジも素敵だけれど、やっぱり、弾き語りが良かったです。
私の好きな『カラカラのブルース』や『火の川』や『生けどりの花』を生で聴けて嬉しかったです。

『night』というアルバムの中のインスト曲を共作したピアニストが飛び入りで入り、
その曲を連弾してくれました。いきなりのセッションで音に乱れはあったけれど、
曲自体がインストでもとてもいい曲なので、聴いていて飽きませんでした。
楽譜を出して欲しいな~。

カラオケで小谷美紗子の曲を歌いたい!と思っても、なかなか最近の曲は入りません。
私の知る限り、歌えるのは、

永遠にねむる、火の川、生けどりの花、off you go、雨に涙、
The Stone、嘆きの雪、別れの支度、こんな風にして終わるもの、
エリート通り、あなたはやってくる、

です。個人的には、『うたき』以降のアルバム曲やシングルB面は全部入れて欲しい。
そして、最近のピアノの楽譜も出して欲しいと思っています。
1冊出ている楽譜は、2ndアルバムまでが中心で、『うたき』の曲がちょぴっと、という感じだから。
小谷美紗子の作品にはまたおいおい触れていけたらと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0