So-net無料ブログ作成

ドラマ新銀河『この指とまれ2』覚え書 [テレビの棚]

下書きの日付が2007年。
でもこれを書きすすめているのは2010年3月。
ここ最近で、パート1の覚書のアクセス数がだいぶ増えました。
いつの間にか、パート1のwikipediaでの説明も整理されて、情報が増えている!
そういえば、パート2の覚書、作ろうと思いながら、下書きに保存したまま年単位でほったらかしに。
書き始めれば、あれもこれもと一日で沢山の記事をアップするのですが、
触れなくなったらなったで、全然更新せず、so-netから来るメールで、
マメ度「2」とか「1」とか勝手に評価されています。
ということで、『芋たこなんきん』や『だんだん』の放映も年単位で昔の話になり
タイムリーな時期は過ぎましたが、余り語る人がいないので、語っておきます。
一度は舞台の藤山直美さんをしっかり見てみたいと思いますが、なかなか。
『桂春団治』はTV放映をみたんですが。丁稚役の甥っ子さんは直美さんに雰囲気似てて。
多分、酒井扇治郎さんなんだと思います。
映画『ゲロッパ!』での直美さんのダンスもかっこいい。なんでもできて素敵です。


『この指とまれ2』では、大熊すみれや坂東など名前が一緒でも設定は全く別物。
すみれは循環器のお医者さんで、元夫が同じ医者の坂東さん。
坂東さんが机に入れている二人の結婚写真は、
さりげなくパート1の時の写真なのがシリーズのファンにはうれしいところ。
また、2の見どころはすみれの夢のシーン。
総集編ではちらほらとみられるのですが、これが面白い。
直美さんや一徳さんや國村さんが色々コスプレしているのが面白い。
これを総集編でなくて、ちゃんと全部見たい。
また、パート1の子役たちがちらほらゲスト的に出演しているのもうれしい。
みんな、1のころに比べて成長しているのが、時の経過を感じさせます。
マナカナちゃんのセリフのやり取りもテンポがあって面白い。
というか、ところどころ、脚本が面白いので、人と人とのテンポの良い
セリフの掛け合いが面白い、というのが正しいかな。
2は1よりも「家族」中心の内容になっていると思いますが、やはりいいドラマです。
データの整理は総集編を参考にしています。
誰が何役とは出てこないので、間違っていたらごめんなさい。

作:井上由美子
音楽:梅林茂
演出:長沖渉、安原裕人、安梨香
制作統括:八木雅次

出演:
藤山直美(大熊すみれ):3年前に離婚。浪速坂医科大学付属病院の医者。肉だんご。
國村準(藤吉):板前さん(瑠璃丁というお店)。カブトムシ。2年前に離婚。
神戸の震災で大阪に引っ越してきた。
三田篤子(高橋香代子):藤吉の元妻、双子の母。神戸で設計事務所(ガウディ・アーキテクト)に勤めている。
三倉茉奈(藤吉純子):双子の姉。心臓に難あり。すみれに対し、素直になれないでいる。
三倉佳奈(藤吉愛子):双子の妹。純子が愛想のないぶん、カバーしているつもり。
白川由美(すみれの義母):すみれの父と再婚。再婚同士。関西人ではない。
佐川満男(すみれの父):大熊医院を開業中。最近耳の調子がよくない。ヤギ。
岸部一徳(坂東):すみれの元夫。浪速坂医大の医者。夏バテのヤモリ。
桂枝雀(しょうりん寺の住職):すみれが悩むと立ち寄るお寺の住職。すみれは「おっさん」と呼ぶ。
石井トミコ(大熊医院看護婦):前作は小学校教頭。
麿赤児(近所の八百屋):前作では奈良のお寺の住職。
河合美智子(八百屋の娘マリ):自殺未遂をはかる。
田中好子:(しーちゃん):医大病院の産婦人科医。すみれの友達。
入江雅人(ツガワ):香代子の恋人。会社の同僚。
紅萬子(永井早苗):大熊医院の患者、更年期。前作では、明石さおりの母。
多賀勝一(大熊医院の患者):前作では、小学校の校長
津島道子(大熊医院の患者):前作では、いちろうの祖母。
南条好輝(大熊医院に駆け込む教師役):前作では小学校の先生
田中恵理
吉本真由美(大熊医院の患者の母)
松本麻希(医大病院の若い看護婦)
一木美貴子(医大病院の看護婦)
あさ美(多分、大熊医院の患者。オカマ。)
鍋島浩
當宮利一
戸田都康(瑠璃丁板前)
入江智和
千葉保:前作では、いちろうの祖父。
平松希望
山辺絹代
木村進
大津嶺子
松谷令子
沢村亜津佐(タバタ先生):純子の担任
湯口和明(浪速坂医大医師)
片山和樹
ここから、パート1出演の子役たち
夢のシーンにゲスト出演している
宮本良
石井寧
西野浩史
清水真実
小島美保
當島未来
竹内るみ子
山内涼

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 1

ニャンコ

初めまして。

覚えています、肉団子。まなかなの一人が循環器系の疾患があり、肉団子の患者さんでしたね。肉団子がまなかなの家で料理さていたことがありました。
大学病院では子供の患者さんはみんなの救い&アイドル&天使ですからね。
by ニャンコ (2013-11-12 14:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0