So-net無料ブログ作成

電脳コイル、デンスケのぬいぐるみ [とっとき!]

電脳コイル デンスケ(M)

電脳コイル デンスケ(M)

  • 出版社/メーカー: ハートランド
  • メディア: おもちゃ&ホビー

「電脳コイル」はすばらしく良いアニメであります。
最後の方はちょっとしんみりしちゃうけど、久々にわくわくする作品でした。
初回放送の後、すぐ始まった再放送も6月で終わりになります。
コイルにはまり、DVDも初回生産限定をそろえてしまった我が家ですが、
このたび新たに、上記ぬいぐるみデンスケくんも仲間入りしました。
最近まで出ていた値段と自分が買った時の値段が若干違うような気がしたのですが、
とりあえず、定価よりだいぶ安く買えました。
結構でかい。存在感があります。
本当にデンスケ、このくらいかも、というサイズ。
素材もすべすべしていて気持ちがいい。
足はビーズっぽいのが入っていて、安定感があります。
ただ、届いた我が家のデンスケを最初見たとき、なんとなく違和感が。
何だろうと思ってamazonの商品見本の写真をみて、わかったんですが、
両目の間の幅が若干違うのです。我が家のデンスケは、見本写真に比べて、
ヒラメ度が低い。ちょっとパーツが真ん中寄りでした。
つまりは個体差がある、ということで、購入を検討している人で、
ヒラメ度にこだわりがある場合は、実際に店頭で見て選べるなら
見て選んだほうが良いかも、と思います。
ちなみに、下記のオヤジぬいぐるみも気になるところです。
電脳コイル オヤジ(M)

電脳コイル オヤジ(M)

  • 出版社/メーカー: ハートランド
  • メディア: おもちゃ&ホビー

ハカタで発見! [とっとき!]

080407_1343~001.jpg旅行先のはかたのローソンで、青のりチップス発見!

わーいわーいと三袋お買い上げです。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

Podcastを楽しむ2-おすすめPodcast [とっとき!]

iPodライフ、楽しんでいますか。
私の友人のiPodユーザーは、未だPodcastを利用したことがありません。
面白い番組が結構あるのに、もったいないハナシです。
無料で楽しめるPodcastの番組数はそれこそ山のよう。
そんな数あるPodcast番組の中から、個人的にオススメの番組をご紹介します。

『ききみみ名作文庫』

続きを読む?


らくごらく [とっとき!]

まだまだ小さい時に、ホール寄席みたいなものに
連れられて行ったことはありましたが、
学生時分から、寄席などというところに行って、
ちゃんと生で落語などをきいてみたいなぁ、と思っていました。
なかなか、実際には行かなかったわけで。

ところが、最近親しくなった友人が根っからの落語好きということが
判明いたしまして、一人でちょっくら落語をききに行ってみたその後も、
連れだって色々見、きき、するようになりました。

先日も、二つ目の方々の勉強会にお邪魔してきました。
大変り~ずなぶるなチケットでいろいろな方のお話を聞くことができるので、
通い始めの自分にとっては、お邪魔しやすいな、と。

くじにあたるとちょっとしたお土産ももらえて、今のところ全勝!ぐふ。

……同じ話でも、誰が話すか、によって面白いか面白くないか、違うモノなのだなぁと、
最近いろんな落語家さんのCDを図書館で借りて聞いてみて実感。

とにかく、枝雀さんのCDは面白い。生枝雀をきいてみたかったなぁ。
落語が最近のマイ娯楽の一つです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

Podcastを楽しむ。 [とっとき!]

iPodのある生活になって、ひと月が経ちました。
先日、iPodのソフトウェアのアップデートを試みましたが、
アップデート中にディスクの書き込みに失敗しました、ということで、
その後、終日iPodはカラー画面から、モノクロ画面に変わり、
AppleのサポートページへのURLとフォルダアイコンが表示されるのみ。
サポートページをよく読んで色々試しても、変わらず、
その日、イライラは頂点に達しました。
しかし、次の日、仕事から帰って、サポートの電話をかける前に、
もう一度だけ試そう、とやってみたら、前日の苦労は何だったのか、
アップデートに成功し、現在は問題なく利用しています。
さて、音楽や動画を楽しむ毎日ですが、最近Podcastにも挑戦。
無料の番組を色々ダウンロードしてみました。
だんぜんオススメなのは、「ニフ亭ぽっどきゃすてぃんぐ落語」。
音声版と映像付きと2種類あります。両方落として楽しんでいます。
今まで聞いた中で個人的お気に入りなのは、三遊亭遊馬さん。
いろんな人たちの落語を聞き比べることができるので、本当に話し方や、
声の調子、間の取り方等で人様々なのだな~とわかります。
前座と真打の間の「二つ目」の皆さんによって語られる落語をタダで
楽しむことが出来るニフ亭はお得、毎週楽しみです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ほろほろ漬けで御茶漬一杯。 [とっとき!]

訳あって、現在帰省中です。
妹の出張土産、岩手名物『弁慶のほろほろ漬け』。
これが、とっても美味しいおつけもので。
御茶漬にピッタリ、温かいご飯にピッタリ。
さっき、さらさら~っと御茶漬でいただきました。
唐辛子の風味がぴりりと効いていて私好みなのです。
たぶん、てっぽう漬けが好きな人は好きなお味です。
仙台長なす漬けや唐辛子のみそ漬け、
山形のおみ漬け、そしてこの岩手のほろほろ漬けは東北土産にピッタリ。
かさばらないし、リーズナブルだし。

正式名称は、(有)忠勝市兵衛本店の『弁慶のほろほろ漬け』です。
ネットでも扱っているところがあるようです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

マックのハッピーセット、おじゃる丸グッズ後半。 [とっとき!]

マックのハッピーセット、おじゃる丸のおもちゃの後半4つが、
8月5日より販売開始になりました。
早速、当日、そそくさとマックに出かけ、
ハッピーセットを買い込み、お昼に食べました。

後半4つの中でのおすすめはやはり、『モモマン』。


この顔の状態だと、
マントは垂れ下がっている。

チョンマゲをくるっと回すと、顔も変わるし、
マントも風になびく感じに浮き上がる。
腕は可動式。


続きを読む?


携帯で花火を撮るのは難しかった。 [とっとき!]

昨日は、家の近くで花火大会がありました。
今の家で得したなぁと思ったのは、花火が家から見えることです。
若干電線が邪魔しますが、ほぼまるまる見られるので、
昨日はのんびりと眺めました。

せっかくだから写真に撮ろうと、携帯電話の夜景モードで撮ってみました。
ズームはついてないので、遠く、しかもシャッターを押してから、
実際に撮られるまでのタイムラグの間に、花火が消えてしまうので、
タイミングを測るのが難しかった……。

ひゅるるるる~、の時点でボタンを押して、うまく花火が広がった時に
シャッターがおりるかというと、なかなか……。

それでも、少しはうまくいったものをご披露。

コレは何とか緑色が出て、花火だってわかりますね。

続きを読む?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『女の子ブック』--りぼん付録 [とっとき!]

私の少女時代の宝物のひとつをご紹介。

『女の子ブック』という、集英社の少女向け漫画雑誌『りぼん』の
昭和58年2月新春特大号の付録です。

このとき、私はまだ小学生の低学年。←というか、付録が出た時は幼稚園かも。
中身はティーン向けの内容なので、最初はただただ、付録なのに、
立派な一冊の本であることが私の心を誘惑したのだと思います。

今でこそ、ちゃおに一位の座を乗っ取られてしまったようなりぼんですが、
昔はりぼんが一番だったんではないかなぁ。
私はりぼん、なかよしそして、今はなき秋田書店のひとみを毎月購読。
ちゃおだけは読んでいなかったのでした。
そして、毎号姉妹で一冊ずつの購入なので、付録争奪戦が繰り広げられました。
じゃんけんで負けてしまうと、欲しい物が手に入らないことも多々あり、
しかし時には姉という権限を振り回してだだをこねたこともあったかもしれません(笑)。

とにかく、今はだいぶ対象年齢が低くなったような気のするこれらの雑誌ですが、
この付録を見る限り、やっぱり昔はもう少し大人な感じの付録が多かったのかな。

102頁からなるこの冊子、どんな中身かといえば、

続きを読む?


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

おじゃる丸と大地丙太郎展 [とっとき!]

杉並アニメーションミュージアムの企画展で、7月12日から
おじゃる丸と大地丙太郎展が開催中です。
大地氏と言えば、言わずとしれたおじゃる丸の監督さんです。
私の好きな『十兵衛ちゃん』シリーズも作っている人です。
ミュージアム自体の入場料が大人200円、企画展は無料だそうで、
おじゃる丸と大地監督関連のものを展示中とか。
開催前から予告で知っていて、これは行かねば、と思っていました。
9月までやっているということなので、是非とも休日には足を運びたいと思っています。
ミュージアムの場所は地図を参考にすると、
荻窪警察署の側で、ほぼ青梅街道沿いのようです。
詳しくは、ミュージアムのホームページを見てみてください。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート