So-net無料ブログ作成
音楽の棚 ブログトップ

憧れのカーモネギーホール [音楽の棚]

最近気になっていながらも、ググって無かった有線の曲を
ググってみました。
愛しき越谷、かもねぎ?
なんのことだ、と思いながらも、ミュージカル調で
明るく軽快にうたっているので、
サビの、あ・こ・がーれーのっ、かもねぎほぉーおーる♪
が耳に残ってた歌は、妻吹俊哉という人のうたう、
『憧れのカーモネギーホール』という越谷市のテーマソングでした。
作詞作曲に中西圭三が参加。彼の歌声にもあってそうなメロディライン。
私はこの歌が流れていると、何故か戸田恵子のCDのことが頭に出てきました。
最初は戸田さんの曲のひとつのカバーかと思っていました。
全然何にも似てないんだけど。
多分、『ささやかなジュゲーム』あたりの変わり歌を漠然とイメージしていたんだと思います。
ちなみに、amazonの試聴で聞いてみたら、この曲の入っているシングルA面
『生まれ変わる朝』も有線で流れているな、と思いました。同じ声の人だと思ってたけれど。
こちらも明るい元気な歌です。
埼玉県越谷市越ケ谷4-1-1に本当に越谷カーモネギーホールはあるんですね。
越谷って市は「越谷」で町名は「越ケ谷」でややこしいんですね。
おわり。
生まれ変わる朝

生まれ変わる朝

  • アーティスト: 妻吹俊哉,相田毅,中西圭三,田角有里,萩田光雄
  • 出版社/メーカー: 徳間ジャパンコミュニケーションズ
  • 発売日: 2011/06/08
  • メディア: CD

ハンバートハンバート [音楽の棚]

ここ数年で、一番話題になったのは、なんだ、となると、
やはり、ドラマ『2クール』で使われた、『罪の味』だろうか。
名曲だと思います。シンプルなんだけど、名曲。
ついつい口ずさんでしまう曲、すーっと体に入ってくる曲、
それがいい曲、というのが自分の感覚。
そういう意味で、この曲はいい曲です。

しかしながら、CD化はされておらず、このほど、2010年9月に
シングルベストが発売されることになり、そこにデモヴァージョンが入ることになったようです。

その他、シングルB面の曲や、未発表、アレンジ違いなど、
なかなか見過ごせない2枚組です。

収録曲などに関しては公式ホームページに詳しい。
是非まだ1枚も持っていない人はもちろん、前々からのファンもチェックです。

個人的には、『ブラザー軒』を歌ってくれているのが好き。
これもシングルB面で、今度のアルバムに入ります。

♪東一番町ブラザー軒

本当にありますよ、ブラザー軒。
山手のドルフィン、みたいに。

コンプリート・シングルコレクション

コンプリート・シングルコレクション

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ミディ
  • 発売日: 2010/09/15
  • メディア: CD

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

これお勧めです、なカバー曲たち。その1 [音楽の棚]

トリビュートアルバムやカバーアルバムが色々出ておりますが、
これはいいよ、というお勧めを残しておこうと思いました。
曲の好みがどうしても反映されてしまいますけど、そこはあしからず、ってことで。

『一期一会』(スピッツのトリビュート)から
一期一会 Sweets for my SPITZ

一期一会 Sweets for my SPITZ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ドリーミュージック
  • 発売日: 2002/10/17
  • メディア: CD

ダントツでいい、と思ったのは、ゲントウキの『青い車』。
椎名林檎の『スピカ』やせつない感じが出ているユーミンの『楓』
いい意味でつじ色、民生色が出ている『猫になりたい』『うめぼし』。
買うか、レンタルか、では相当スピッツ好きか相当どれかのアーティスト好きか
だったら買ったら、と正直思いますが、あげている曲はとてもイイと思います。

『HAPPY END PARADE~tribute to はっぴいえんど~』(はっぴいえんどのトリビュート)から
HAPPY END PARADE~tribute to はっぴいえんど~

HAPPY END PARADE~tribute to はっぴいえんど~

  • アーティスト: 小西康陽
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2002/05/22
  • メディア: CD


ダントツでイイと思ったのは、My Little Loverの『風をあつめて』。
さわやかでいい。『白いカイト』が大好きなんですけど、これも同じくらい好きです。
スピッツ好きなので、『12月の雨の日』もマサムネさんの声とあってて、いいと思います。
アルバム発売当初、店頭で流れていたとき、マサムネさんの声だ、何だ?新曲?
と思って店員さんに何をかけているのかにじり寄っていった記憶が蘇ります。
つじあやのの『暗闇坂むささび変化』もシンプルでイイです。
小西康一のアレンジした『はいからはくち』もカッコイイです(ボーカルなし)。
他にも空気公団とか曽我部恵一とかオリジナルラブとかSuper Butter Dogとか。
これは、買ってもいいんじゃないかなぁと思います。

『COVER GIRL』『COVER GIRL2』(つじあやの)から
COVER GIRL

COVER GIRL

  • アーティスト: スガシカオ,山下達郎,Clifton D.Davis,千家和也,甲本ヒロト,リー・ハーライン,草野正宗,吉田拓郎,象狂象
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2004/05/19
  • メディア: CD
COVER GIRL2

COVER GIRL2

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2008/09/24
  • メディア: CD

両方、tokyo side と kyoto side があって、
前者がスタジオ後者が人の前でのウクレレ弾き語りな感じです。
まず、tokyo sideの曲でお勧めを。
1枚目からは、『パレード』、『黄金の月』を。
2枚目からは『DOWN TOWN』、『頼りない天使』、『丘を越えて』を。
特にSUGAR BABEの2曲はつじさんにとってもあっています。
kyoto sideの曲では、1枚目は井上順の『なんとなくなんとなく』が好き。
2枚目では、嵐の『Happiness』。特にジャニ好きでなくとも、この曲いいな、
と思っていましたが、改めてその楽曲の良さを感じられるシンプルさ。
つじあやのに抵抗ないひとだったら、ドライブのお供に持っていてもよろしいかと。

『One More Time, One More Track』(山崎まさよしトリビュート)
山崎まさよしトリビュート・アルバム 「ONE MORE TIME,ONE MORE TRACK」

山崎まさよしトリビュート・アルバム 「ONE MORE TIME,ONE MORE TRACK」

  • アーティスト: ジェイク・シマブクロ
  • 出版社/メーカー: ERJ
  • 発売日: 2005/12/21
  • メディア: CD

最近、作品あまり出てないですけど、山崎まさよしのトリビュートものから。
もとの歌が大好きなんですけど、『Home』に収録の『名前のない鳥』。
元ちとせが歌ってますが合っている、と思いました。
他に合っているのは『月明かりに照らされて』、和田アキ子。アッコ節になってますけど。
気に入ってるのは、『ヤサ男の夢』。これも元歌好きなんですが、それでも嫌じゃない。
お勧めしているものはイイと思いますが、買ってみてもいいかどうかは、正直微妙。
やってほしいアーティスト、曲は他にもっとある、という気もします。
『Me & My Mind』とか『ベンジャミン』とか『明日の風』とか好きなので、これらを
素敵なアレンジで聞いてみたい。

COVER ALL-HO!

COVER ALL-HO!

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: UNIVERSAL J(P)(M)
  • 発売日: 2007/10/31
  • メディア: CD

山崎まさよしつながりで。
「Yo!」の方は……。
「Ho!」(邦楽カバー)でお勧めなのものを。
原曲の歌詞も曲もイイと思っている、堺正章の『さらば恋人』。
この曲を取り上げたことに、拍手。後は、フィッシュマンズの『いかれたBaby』かな。

この続きはまた、今度。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『僕の住んでいた街』、『くるり鶏びゅ~と』、など。 [音楽の棚]

僕の住んでいた街(初回限定盤)

僕の住んでいた街(初回限定盤)

  • アーティスト: くるり,岸田繁,BO GUMBOS
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2010/05/26
  • メディア: CD

先日、発売されました、シングルのカップリング集めたアルバム。くるりです。
岸田さんは、「タモリ倶楽部」で電車モノの企画の時によくお見かけしますが、
くるりの岸田がタモリ倶楽部、というのが頭の中でなかなかピンとこないんですが、
でもあの岸田さんなのは間違いないわけで。
ま、そんなことはさておき、しばらく、ずーっと手元にあったのは
『さよならストレンジャー』くらいだったんですけど、
でも、いつもなんか流れているところで聞くと気になるのは、くるりの曲だったのでした。
いっつも気になっているんだけど、アーティストに貢献していない、という状況、たまにあります。
そういうわけで、今回はいきなりカップリングアルバムを買ってみました。

やっぱり好きみたいです、くるり。
いろんなカラーのアルバムがあるんですけど、全体的に好きみたいです。
今回のカップリングアルバムには、新曲「東京レレレのレ」入ってますし、
初回のあるうちに買っておいた方がよさそうです。
2曲初回だけに収録のものがありますから。

蛇足ですが、トリビュートもいいと思います。トリビュートされて良かったね、という曲と、
オリジナルだけでよかったよ、という曲、そういうのはやっぱりどんなトリビュートでも出てきますが、
『くるり鶏びゅ~と』では、高野寛の『ワンダーフォーゲル』がポップでとてもイイです。
iPodではオリジナルよりもこっちをヘビーにリピートでございます。
どっちかっていうと、どうせトリビュート聞くなら、オリジナルの再現でないものが聞きたい派なので、
そういう意味で、『ワンダーフォーゲル』は高野寛の『ワンダーフォーゲル』になってると思います。
聞き始めると、オリジナルの『言葉はさんかくこころは四角』を聞いている時のように、
街を歩く足取りも音楽に合わせて軽く弾ませたくなるのです。
くるり鶏びゅ~と

くるり鶏びゅ~と

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: バッドニュース音楽出版
  • 発売日: 2009/10/21
  • メディア: CD

他には、ハンバートハンバート、スピッツの『一期一会』でも思いましたが、
ユーミンのアレンジはなんかいいっすね。
anonymassの『赤い電車』もイントロの電車の表現とか、声もかわいい。
世武裕子『東京』の弾き語りや二階堂和美の『宿はなし』も
バンドアレンジでない点でオリジナルとは違う楽しみが。
オリジナルっぽく、というものでは、バンドの特徴を生かして曲を選んでいる
9mm Parabellum Bullet、何を歌っても奥田民生として楽しめる奥田民生。
何を歌っても、というんであれば、矢野顕子は矢野色、って感じっすか。

くるりのこと語らせたら、黙っちゃいない、というほどのフリークではないので、
十分楽しめるトリビュートアルバムでした。ベスト盤、カップリング盤とともに
とりあえずそろえるなら、この3点セットで、ということで。
ベストオブくるり/ TOWER OF MUSIC LOVER

ベストオブくるり/ TOWER OF MUSIC LOVER

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2006/07/26
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

TRIGUNの劇場版、サントラ。 [音楽の棚]

どんだけ、トライガンに振り回されているでしょうか。
苦労してそろえたDVDも新しくリーズナブルにまたボックスが出しなおされるらしいし、
4月の映画公開に向けて、漫画もA5サイズの完全版として出しなおし開始。
もう持ってるよ、と思いながらも、帯の応募券で応募できる冊子サービスの為に
毎月買い始めている私。
あ、某古本店では、昔のサントラが250円の棚とか500円の棚に転がっているから、
はっきりいって、この値段で買えるんなら、元取ってますよ、あなた。
最近ハマった人は、まだ今なら運よく見つけられるかもね~。

さて、トライガンの音楽といえば、今堀さん。
映画の音楽も今堀さんがやる、と。そして、サントラ出る、と。

TRIGUN Badlands Rumble オリジナルサウンドトラック

TRIGUN Badlands Rumble オリジナルサウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: flying DOG
  • 発売日: 2010/04/21
  • メディア: CD


買うよ~聞くよ~。かっこいいもん!OPの映画バージョンも収録されるらしいです。
『H.T.』をいきなりそらで演奏できる人に出会ったら、それだけで惚れてしまうね。
昔、ティポグラフィカのCDまで買ってしまいましたもん、私。

映画は、いい年をした私が一人で見に行っていいものかどうか、悩んでいるところ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

『剃刀乙女』-青葉市子 [音楽の棚]

剃刀乙女

剃刀乙女

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: 東雲録音
  • 発売日: 2010/01/20
  • メディア: CD
いいです。
毎週水曜日に更新される、iTunesストアの無料シングル、ちょっと前に、
この青葉市子さんの『ココロノセカイ』があって、
久しぶりに、おお、無料でラッキー、と思う楽曲に出会い、ヘビーローテーションしてました。
普通に帰り道とか聞いているときに口ずさむぐらい気に入ってしまいました。
その後、アルバムが出るらしい、そして、iTunesストアではもう売っていて試聴できる、ということで、
試聴してみたら、全体的に気に入ったので、でもパッケージで欲しかったので、
Amazonで予約しておきました。今、それが届いたので、聞きながら綴っています。
インディーズレーベル、ということで、買うなら、そういうのを置いているお店か、
ネット、iTunesが手っ取り早いと思います。
特にアーティストのことを具体的に知らないのに、買いたいなぁと思ったのは久しぶりです。

まず、声がキレイ。大貫妙子とか、手嶌葵、とか
池田綾子とかああいう声が好きな人は好きと思います。
まだ19歳、ということで、それでこういう声が出るって、いいなぁって思います。
ギターも自分で弾いているそうで、私は(手が小さいけど)ギターを弾けるようになりたいなぁ
と思っていて、自分で練習してここまで弾けるようになるのはえらいなぁと思います。
基本、ギターとボーカルオンリーの曲ですが、彼女の声が活き、とてもいいと思います。
曲もカッコイイと思います。
気になったら、試聴してみてください。

購入したものには、絵本とやらがついていたのですが、歌詞カード含め、字をみると、
ああ、若い、最近の子が書くような字だなぁ、と思い、その年齢を感じました。
曲を聴くと、そんな風に若いなぁ、とか青いなぁとか感じなかったのですが。
で、デジパック?とやらで、シュリンクとってしまうと保管の時に若干不便なので、
特に絵本に興味がなければ、普通のケース入りを買った方がいいかもしれません。
Amazonだと2種類検索にかかって、同じ値段なのですが、一方がそうなのかな、と思いました。

収録曲におすすめのカバー有。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

リズム天国全曲集-サントラ出たよ。 [音楽の棚]

リズム天国ゴールド オリジナルサウンドトラック

リズム天国ゴールド オリジナルサウンドトラック

  • アーティスト: おっちゃま,TAKERU
  • 出版社/メーカー: TNX
  • 発売日: 2008/10/15
  • メディア: CD

ということで、GBA末期ながら、多くの売上本数をだし、
先ごろでたDS版の新作も100万本まであとちょっと~な
勢いの「リズム天国」シリーズ。ご存じのとおり、音楽関係につんくが関わっているのですが、
サウンドトラックがとうとう発売になりました。
3枚組のCDでお値段はちょっとお高い5,250円。 でもトラック数は1枚目59、2枚目49、3枚目32、と多めです。
1枚目がGBA「リズム天国」の曲、2枚目、3枚目がDS「リズム天国ゴールド」の曲です。

聞いていると、なにか足りない、と感じる時があります。
それは、要するに、ゲーム時に自分がプレイすることによって加わる音が入ってないから。
そのかゆいところに「ちょっとだけ」手が届いた感じのするおまけのボーナストラックとして、
3枚目に「ラップメン」「ラップウィメン」、「ケロケロダンス」「しゅぎょうのテーマ」の
「Perfect Version」が入っています。これはつまり、「ふっふっーん」とか「くるりん」とか
「はい、よっ、はい、よっ」とかの声がちゃんと入ったバージョンっちゅうことです。
「ラップ~」は、入ってないバージョンの収録はありません。
ほかにも、個人的には「カラテ家」や「コスモダンス」や「リズム脱毛」、
「モアイソング」や「ブルーバーズ」や「ピンポン」なんかもプレイ音入りで聞きたかったかも~。
などと言っているときりがありませんが、とにかく耳に残っているあの曲この曲が
もりだくさんの作品です。
ファン必携!


あの有線の歌の歌い手、それは「YUICHI」だ! [音楽の棚]

eight star Vol.4

eight star Vol.4

  • アーティスト: TSUZUMI,イノウエ,井原弘志
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2003/04/02
  • メディア: CD

ということで、
ある程度の歌詞を聞き取って、ググったりすれば、
たいていの曲は誰のものか判明するはずが、
まったくもってかすりもしなかった、謎の失礼ながら、
微妙な下手加減が気になっていた
男性ボーカルの曲が何であったか、判明しましたよ!

どうやって?そらーもう、腹をくくって、有線様にお電話さし上げたんでございます。
お姉さんが丁寧に時間をかけて、調べてくださいました。ありがとう!
おかげで、amazonにて売っていた、中古CDを手に入れてしまいました。あれまー。
今、届いたCDがその歌であったかどうかを確かめるために聞きつつ、
キーボードをたたいておるわけですが、確認が取れた故にこうして、
どこぞにいるやもしれぬ、有線のあの曲を探している方々へ
発信しようと記事を書いている次第。
すくなくとも、私の他に1人、ネット上で探し人がいた。

その歌い手は「YUICHI」。
そして、歌は「Want to Fly」と「The Earth」でした。

歌詞を全部載せるのは何かにひっかかりそうなので、
「Want to Fly」のサビキーワード「青い鳥 このまま気付かずに お願い 青い鳥 心を大地に標す」
「The Earth」のサビキーワード「君の瞳に地球が輝く 君の心が世界を見つめる」

さぁ、このキーワードでさまよえる探し人様、答えにたどり着けますように。

ちなみに、リクエストは結構きているらしい。
どっちの曲のリクエスト番号だったかは失念しましたが、3204だそうだ。

ところで、何で、こんなに答えを探すのに苦労したのか、というと、
収録されているCDを見ていただければ、わかるとおり、
人材発掘CDみたいなものに収録されている、タマゴさんの一人みたいな方らしいからです。
はっきり言って、今回はこの気になり方をおさめるために、シングル1枚買う、という感じで、
中古を求めましたが、定価は2300円。タマゴさんの集まりCDゆえに
そのタマゴ感を感じる曲集でありました。通して聴くのには向き不向きがあります。
人からお金をいただいて歌う、というのは大変なんだな、と実感しました。


改めて、歌詞を確認してみて……。


池田綾子の曲 [音楽の棚]

TBSのお昼の帯ドラマでお気に入りなのが、
加藤貴子主演の『温泉へ行こう』シリーズ。
99年から始まって、5作目+ゴールデン2時間ドラマ、と
大出世の作品です。DVDもボックスが既に2つ出ているみたいです。
タイミングがよかったのか、第1シリーズを始めから見ることができ、
その面白さにはまり、すっかりファンになりました。
ま、帯ドラマなので、ビデオを録っておいて見ることも多かったのですが、
気付くと新シリーズが始まっていて見過ごすことも多く、
今ではすっかりどうなっているのかわかりません。


もとい、その何シリーズ目だったかのオープニングテーマに使われたのが、
池田綾子のデビューシングル『ヤサシイウタ』です。
毎回、オープニングを聞いていて、歌詞もメロディーラインも気に入ってしまい、
シングルを購入するまでに至りました。私にしては珍しいことです。
1stアルバム『Water colors』も買いました。
1stでは『Life』という曲もどうやらドラマの主題歌になったらしいのですが、
先入観なくこれも大変気に入り、カラオケでよく唄います。
他にも3曲目『飛べない鳥』がお気に入りです。
1stアルバムを全体的に通して聞いて、気に入ったので、2ndが出たら買おう、
と思って早1年以上経ちました。
2004年はついにアルバムが出ず、新曲も止まっていたので、
このまま今年も出ないかと思っていたら、
2005年7月6日に『Lunar soup』(UPCH-1421)が発売されました。
このアルバムもよいです。シングルカット曲が多数収録されています。
1曲目の『道ゆく空』はすばらしくいいです。合唱曲にもアレンジできそう。
その後、2006年にはインディーズから『星降る森』が出て、
2007年には、名作アニメ『電脳コイル』のために作られた『プリズム/空の欠片』が。
これがまたよい。私はとくに「空の欠片」が好きです。
蛇足ですが、初回版にはおやじストラップが付いてきました。
音大の声楽科を出られているそうですが、
透明感のある声が印象的です。興味があれば、是非。
(2005年に2ndアルバム発売に合わせた記事をもとに、2008年5月に書き直しました。)

water colors

water colors

  • アーティスト: 池田綾子,尾崎雪絵,奈良部匠平
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルJ
  • 発売日: 2002/10/09
  • メディア: CD

Lunar soup

Lunar soup

  • アーティスト: 池田綾子,NATSUMI WATANABE,TATOO
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルJ
  • 発売日: 2005/07/06
  • メディア: CD

プリズム/空の欠片(初回生産限定盤)(DVD付)

プリズム/空の欠片(初回生産限定盤)(DVD付)

  • アーティスト: 池田綾子,TATOO
  • 出版社/メーカー: ソニーレコード
  • 発売日: 2007/08/29
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Ben Folds、久々アルバム発売。 [音楽の棚]

お気に入りのアメリカンシンガー、ベン・フォールズ。
彼のドラムとバスとピアノだけのギターレスバンド、Ben Folds Five
のファーストアルバムが出てから、もう10年経つ。
そのころはまだティーンであった私も、すっかり年とりました。
でも、相変わらず、Ben Foldsの楽曲が好きな私がおりますです。
彼がソロになってからのセカンドアルバム、
『Songs For Silverman』(ソングス・フォー・シルヴァーマン)が日本先行発売です。
相変わらず、良いです。待ったかいあり。
日本では各1万枚限定でCD発売された、
EP三部作(『スピードグラフィック』、『サニー16』、『スーパーD』)、
これもとってもグー!でしたので、新譜も期待していましたが、
それを裏切られない気持ちよさ。
彼のメロディーラインは、なぜか初聴きでも耳にすっとなじむ気持ちよさがあります。
EP三部作のうち、一番最初にリリースされた『スピードグラフィック』に入っていた、
『Give Judy My Notice』の別ヴァージョンが収録されています。
結局、EP三部作とは別の曲が収録される予定です、という予定は
このことによって、ちょっと嘘になったけれども、別ヴァージョンだから、いっか。
ソングス・フォー・シルヴァーマン

続きを読む?


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
音楽の棚 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。