So-net無料ブログ作成
検索選択
買いもの日記 ブログトップ
前の10件 | -

Wi-Fiルータを買い換えました。 [買いもの日記]

急遽必要になり購入致しました。突然、ルーターが壊れまして。かれこれ6、7年は使ったのではないでしょうか。お疲れさまでした、と言いたいところでしたが、ネットにつながらないって結構不便です、今はもう。


もしかしたら、自分の光回線契約には、必要ないスペックだったかもしれません。

しかし、今後プラン変更をした時のことを考えて、まぁ、いいか、と上記のルーターを購入しました。ずっとNEC製を使ってきたので、使い勝手からやはり今回もNEC製。

ネットをウロウロして、何となくわかった、購入時のポイント

それは、契約している光の速さと、それを通すケーブルと中継して有線や無線で飛ばすルータ全てが合ってないと、その中で一番スペックの低いものに合わせた速さしかでない、ということでした。


まず、ケーブルは価格的に大差ないから、ケーブルに書いてある云々が5Eや6以上のものを使う。これだけで、とりあえずケーブルのハードルはクリアできます。


次に、自分の光回線契約がそもそもどのくらいの速さなのか→壁から来てる速さが理論的に1Gなの100Mなの等を確認。まずこの時点で100Mだったら、いくら1G通信に対応したルータを有線でつないでいても、どんなに頑張っても100Mどまり。↑のルーターは無駄、ということになります。100Mに対応した安価なルーターで十分だということ。


それと同じ理屈で、無線だけのお話をすると、「おうちで使う予定のある受信する側の機器が対応している規格」を「壁に来ている光回線の速度」が上回っているならば、機器が対応している規格までをカバーするルーターを用意すればよいということです。(今後もっと性能が良い機器を使うとしても、壁に来ている速度が限界ですからルーターもその速さに寄り添うものを選べば一応、置かれた環境で一番早く使える理屈。)

無線LANの規格、それぞれ順に遅くなるのですが、「なんちゃら11ac、11n、11a、←5.2G帯、11n、11g、11b←2.4G 帯」というのがありますが、これのどれに対応しているかということです。ひと昔前はgやb程度でnがあっても速めだったのに今となっては、acまで拡大してるのですなー。


例えば、我が家のPCはひと昔前のPCなので、有線は規格は普通に「1000BASE-T~」対応ですが、無線LANの規格は、「IEEE802.11b、IEEE802.11g」にしか対応していません。下から2つまでの速さです。なので、仮に1G壁から来ていて、ルーターも5.2Gの11ac対応&2.4Gの11n対応だとしても、PCをWi-Fiでつなぐ時は、2.4Gの11gの速さまでしか出ないのです。

後は、ちらっと出てきていた2.4G帯、5.2G帯とかの話もあるようですが、それは結果的にくっついてきそうな話っぽいのであまり気にしなかったです。ただ、そもそも、今契約がギガサービスなんだっけ?とかよくわからなかったし、そうでなくても今後ギガサービス使うかも、と思ったこと、また数年お世話になることを考えたら、性能よいのを買っておけ、ということに落ち着きました。おかげで、5.2G帯を使っている機器は一個もないです。


というわけで、個人的に今回少しルーターを買う時の考え方の整理ができた気がしました。詳しい人からすれば、アバウトなとらえ方だったり、もしかしたら間違っている部分もあるかもしれませんので悪しからず。あくまでも日記的なお話です。




お家のネーム9をキャップレスに [買いもの日記]

キャップレス9公式http://www.shachihata.co.jp/products/new_item/capless9/index.php
キャップレスホルダー公式http://www.shachihata.co.jp/products/new_item/capless_holder/index.php


発売された頃にこれは!と思ってすでに自分のネーム9は着せ替えボディにしてあるのとキャップレス9をあれこれ持っているため、実験台として、家人のネーム9をキャップレスにと思って買ったまま、ブログに書こうと思って寝かせておいて旬を逃した、今日この頃、皆様いかがお過ごしですか。はい、ネーム9の着せ替えパーツ、キャップレスホルダーです。


ネーム9キャップレスホルダー ブラック XL-9PCL1

ネーム9キャップレスホルダー ブラック XL-9PCL1


もとい、キャップレス9は色んな書体をオーダーできたり、フルネームで作れたり、そして何より、先を半回転させることでロック、アンロックを操作して、キャップレスにネーム印が使えるということで、大変便利。でも、そのオーダーという点で、少し待つ、あるいは買ってからオーダーするなどということも必要でした。


ものすごく珍しい苗字、あるいはそこまででなくとも、店頭の回転塔になかなかない方、あるいは、前述のオーダーが出来上がるまで待てないという方々は、手持ちのネーム9がそのまま使えれば、と少し思うかも。あるいは、すでにネーム9持ってるし、替えインクのストックもあるしなあ、使わなくなるのも勿体無いと思うかも。そこで、シャチハタはそんな痒いところに手が届きそうなカスタマイズ品を新たに出しているのでした。手持ちのネーム9を利用してキャップレス9に変身させるパーツです。

写真の通り、ネーム9より一回り大きめのボディをそのままネーム9のボディを外した印面パーツにはめ、キャップ部分をキャップレス仕様の部品とかえる。はめ込んだネーム9印面パーツは頭頂部のボタンを押してちゃんと取り外しできるので、心変わりしても対応可能な商品です。
image-20160814145530.png
image-20160814145549.png


キャップレス9の弱点をあげるとしたらインク切れが早いので、毎日たくさん捺す人は、都度インク補充をする回数がネーム9に比べて多くなるはず。その点、もともと中身はネーム9の今回の場合は、インクのもちはネーム9そのままで使える訳なので、ありがたいわけです。ただ、写真をみるとお分かりのように、キャップレス9に比べて武装する分大きめになります。


image-20160814145608.png


最初からこのパーツが出ていたら、自分用にこれを買ってたかもしれないとも思う、画期的なカスタマイズ品でした。キャップレスでなくても、ネーム9のカラフルな着せ替えパーツが出た時も早速カスタマイズしていた私ですが、キャップレス9が出た時もそうそうに手を出していまして、でもそれはとても仕事上、日常でも便利でした。はんこべんりやはん蔵とは同じニーズ、違うニーズあれど、とりあえずキャップレスであることは求められているわけですなー。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

プレジール、ノバオレンジ、プラチナ萬年筆 [買いもの日記]


http://www.platinum-pen.co.jp/fountain_plaisir.html

パイロットのカクノが大流行り、ということになっている昨今、同じ価格帯のお手軽万年筆プラチナ萬年筆が出しているのが、プレジール。プレピーという200円ほどのものもありますが、これは、よく見るとインクは同じ色を使ってね、変えられませんよ的なことが書いてあります。なんだ、残念。なんでだろうと思ったのですが、持っている緑のプレピーはインクを吸わせるような白い軸がついていたような。先生の添削で使われている赤ペンと同じ感じなのかな、多分、と。そこで、同じペン先で、ボディがちょっと高級感のあるメタリックで、インクを変えても大丈夫なのがプレジールというわけです。よく見かける使い方は、ペン先変えたくなったらプレピーを買って先だけをプレジールに付け替えればよい、というもの。なるほど、汎用性がありますね。でも、そうするとインクはかえられないですよね。この点は気のせいかもしれないので悪しからず。


さて、ここで、いままでのカラーラインナップをみると、そんなに物欲レーダーは反応しなかったのですが、今年新色のノバオレンジが出たことで、ピコーンピコーンと鳴りました。公式サイトなどでみるとなかなか良い感じの色だったので。実物も、公式サイトの印象とそんなに変わらないオレンジ色です。


ここしばらく、文具屋を見かけたらちらっと覗いてみたり、家の周りの大型店や東京駅近辺、銀座近辺その他方々を見てみたのですが、まぁ、なかなか見当たらん。そのうちamazonなどでは定価以上とかで売り出す方々もちらほらとでてきた様子。流通が安定するまで慌てずに待つことをオススメします。戻って、やっと見つけたので、感想です。ちなみに新宿西口の世界堂で発見。在庫はお店次第なので、ここも悪しからず。


最初からオレンジインクを入れるつもりで買いました。公式サイトのコンバーターのところをみると、プレジールの品番っぽいPGB-1000は使えない、という表記はないのですが、どうやら世間的に公式では、コンバーターは使えないことになっているようす。でも、自己責任で使えないこともない、ただ、ちょっと確かにペン先のおさまっている部分に大きな空洞があるので、インク壷につけたらインクが入り込んじゃうのね〜ということらしい。なんとなく汚すのが嫌だったので、別のプラチナ製品についていた空のカートリッジを洗って、あ、この洗うのが結構面倒でした、そこにインクを入れる方式を採用しました。


image-20160814041102.png
特に抑揚のない一定の線でかけます。今回はペン先よりも、そのボディの方が目的だったわけで、ぱっと見1000円、あるいは割引で売ってたら1000円もしないようには見えないのと、オレンジの色合いが好みです。本体はインクが入っていても軽い。これからの使用頻度でこの気に入りポイントであるメッキがどの程度剥げてきてしまうのかがミソですが、ひとまず気に入った次第です。あと、このペンのポイントは、長くインクを入れっぱなしにしていても、水分が抜けて書けなくなってしまうということになりにくいということです。余り使い慣れていない人は、まぁ、使っていてもうっかりなんですが、やってしまいがちなので、これは画期的だと思います。さて、本体と文字の写真は若干影になってて分かりづらくなってしまったかもしれませんが、雰囲気だけでも。


ちなみに、他の同価格帯でオススメなデザインが面白いペリカン万年筆、また、前述のカクノ、プラチナのコンバーターなどは以下です。しかし、パイロット系に比べると、プレジールは控えめな棚占領だったなぁ。





プラチナ万年筆 万年筆用コンバーター500【2個入】

プラチナ万年筆 万年筆用コンバーター500【2個入】

  • 出版社/メーカー: プラチナ万年筆
  • メディア:




水出し茶を楽しむ。 [買いもの日記]

image-20151027000012.png image-20151027000027.png image-20151027000045.png
ハリオ フィルターボトル 750ml  オリーブグリーン FIB-75-OG

ハリオ フィルターボトル 750ml オリーブグリーン FIB-75-OG

  • 出版社/メーカー: ハリオ
  • メディア: ホーム&キッチン
蔵前のお茶屋さんをテレビで見かけた時に、水出し茶のボトルを知り、ハリオで出てることを知ったので、買いました。 写真緑茶を試したときのものですが、ほうじ茶もいけます。最近は水筒に入れて仕事場に持って行っています。 シリコンの上部は簡単には外れないという感じでもなく、ただキュッと上から押してはめるだけなので、まあ、持ち運びはガラス本体を持つのがイイでしょう。でも、日頃の瓶の扱いの無意識さで、うっかり持ってしまったとしても、すぐにストーンと落ちるって感じでもないです。 冷蔵庫に入れておかないと、発酵なのかなんなのかが進んでシリコン部分がせり上がるなんてことはあるかもしれません。低温第一。 フィルターとシリコン部分の取り外しは簡単だし、お手入れはそんなに手間はかからない印象で、これなら飽きずに使うかな、と。 とりあえず茶葉入れて、水入れて、蓋はとった状態で肩をはめて、そうしないと空気の逃げ道ないのでね、で、嵌めたらフタをして、冷蔵庫に入れて3時間もすれば抽出されてます。 夜作って寝て起きたら飲める。 ゆっくり抽出のお茶、なかなかうまし。


LAMYのインク、オレンジ [買いもの日記]

2015年のLamy万年筆、アルスターの限定販売オレンジです。落ち着いた感じのいいオレンジだったので、購入しました。同時にオレンジのインクが限定販売ということでこちらも購入。

表現として正しいかわかりませんが、色彩雫の夕焼けは爽やかな感じですが、今回のインクは落ち着いた感じの色と思いました。


image-20150906230831.png

image-20150906230849.png

image-20150906230904.png

カキモリのローラーボール [買いもの日記]

以前、まだよくわかってなかった頃に、浅草橋のシモジマに立ち寄った後、散歩がてら浅草方面に向かって歩いていると、左手にやたらと人が入って混んだ感じの小洒落た雰囲気の小さめの文具屋があるなーと思いつつ通り過ぎたことがありました。

後々、オリジナルインクやオリジナルノートを作ることが出来る、カキモリというのがあの店だったと知りました。

季刊誌趣味の文具箱に、ここがローラーボールを作って売っているとあり、見るとエルバンで廃番になったプラ製ボディのコンバータ使用が可能なタイプのペンと似ていたので、一本買ってみようと思い、過日立ち寄りました。

以前手に入れていた中古のエルバンのペン、ボールが白っぽく、もしかして金属ボールでないのかな、と思っております。と、それも合わせて今回紹介。

オリジナルインクと一緒にプレゼントもいいかも。万年筆よりは気軽さがあるかもしれません。

ちなみに、店内には色んな万年筆の試筆も出来るので、ありがたい。オリジナルノートに使われている紙での試筆は万年筆のためのノートを作りたい人には相性を試せますし、万年筆は普段余り気軽に試筆出来ないので、試しまくりました。世の中でエラボーが人気なのがなんとなくわかりました。というか、書きやすい、自分に合ってるのかなと思ったので、そのうち欲しいと思いました。値段もそれなりなので、本当にそのうち。

写真左側がカキモリのローラーボール。


image-20150906230003.png

image-20150906230015.png

image-20150906230029.png

スティピュラの万年筆 [買いもの日記]

先日、気になっていた万年筆を購入しました。正規に買うにはお高いところの万年筆ですが、たまたま気になったものがたまたま安く売っていたので、本体さえあれば問題ないと思った私は購入に至りました。

スティピュラのボン・ボヤージュというやつです。スキなオレンジで、前から気になっていたカヴェコのアイススポーツのクリアオレンジみたいに小さいらしいということで、さらにまだ一つも持ってないアイドロップ式とカートリッジ併用という面白さも重なり購入決定。


image-20141004171602.png

image-20141004171639.png

image-20141004171929.png

本体について来るスポイトで直接ドバドバとインクを入れて使えるのがすごい。こぼれてこないか心配になるけど、散々持ち歩いてもそんな事故は起きてません、いまのところ。

キャップはネジ式、お尻にもネジ溝があってくるくるとまわして固定するので迷子にならない、クリップもあるのでコロコロしない。そして、インクをたっぷり入れて使えるので、名前のとおり、ちょっと旅行行って帰って来るまでインク切れしなさそう。してもカートリッジ使えばいいし。

クリアボディなのでインクの色を変えると面白いことになりそう。

とても気に入りました。
ここの万年筆は手作りらしいですね。

追記

うっかりしましたが、写真のインクの名前間違ってます。正しくは「露草」です。


ガムランディーのタイ料理福袋 [買いもの日記]

数カ月に一度のネーム補給。しばらく控えてましたが、
今回は9月の楽天のスーパーセール時に利用。
その時大量に購入したネームもすでに半分消費。
お手軽さから利用してた神戸のクワンチャイは撤退してしまったようですが、
ここにきて以前にも触れていた通り、福岡のガムランディーが進出してきて、
利用しやすくなりました。
福袋は選べるようになっているのですが、
ここでネームを選べるのがポイントです。
ちょっと試してみたい時に他のタイ料理と一緒に選べるのがいいですよね。
私は大好きだから1キロとか頼んでますけど。
Yahooショッピングで利用時から比べて、
送られてくる容器の仕様も変わり、料理は湯せん出来るようにビニールパック統一の様子。
細かい説明書がついているので、届いてからも心配ないさ。
前に試した時にトムヤムクンは甘い気がして、以後控えていましたが、
久しぶりに頼んだらそうでも無くなっていました。
1セット1つ限定の牛ほほ肉は柔らかで優しめの味です。
おすすめ組み合わせは、
カオマンガイ
ネーム
ガパオ
グリーンカレー
一度は選んでみるか、ゲーンマッサマン
あるいは、トムヤムクン、レッドカレー
いわゆる有名どころ+ネーム、という感じです。
一通り食べたら次回からは、他のメニューもというのがよろしいかと。
私も、まだまだ全部食べてません。
ついつい、いつものをお願いしたくなってしまうので。
でも、安定していておすすめです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

『雷鳥』箱買いしました。 [買いもの日記]

山中食品の雷鳥の話。
しばらく、近場で買えるところを探していましたが、
結局復活直後以外で見つけることができず、
3月、増税前に、とうとう箱買いしました。
雷鳥2.JPG雷鳥1.jpg
楽天のおかしレンジャーが箱売りしているので、
送料かかりますが、雷鳥段ボールに沢山の雷鳥が届きます。
今は充実した雷鳥ライフを送っていますが、
食べすぎ注意。

復活当時より味の濃さが落ち着いたか?濃い方が好きだけど。でもきっと気のせい。
復興シールもとれたようですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

LAMYのニブ交換、その2 [買いもの日記]

国内でも気軽にニブを買えるとして紹介していたトスネップさんですが、久方ぶりに訪れたら、EFが買えないようになっていました。

そこで、前々から色々と仕入れてみようと考えていたので、イギリスのThe Writing Deskを利用してこの際集めよ!と実行しました。円が劇的に変わる前に実行すれば良かったかもな~とちょっと思っています。

余談ではありますが、一緒にサファリとステュディオ用のコンバータを一つずつ頼んだのですが、ラミーだらけのところに一つだけロットリングインクカートリッジを頼んだことが災いしてかステュディオ用のコンバータの代わりにロットリングのコンバータが届きました。

拙い英語を駆使してメールにて連絡し、
新しく送ってくれる、との回答がきてからはや一ヶ月。未だ届いていません。お買い物の場合はロイヤルメール的な何かで注文から一週間で届きましたが、今回のはただの追加なのでもしかして船便か?と気長に待っていますが、ただの事故かも。ロットリングもらってるから損はしてないんだから諦めて国内でまた買えよ、という感じになってます。愚痴終わり。

ま、上記のようなリスクもあるよ、ということを踏まえ、LAMYのEFニブはもちろんのこと、カリグラフィー用のJOYに使える1.1や1.9他、沢山のニブが揃っています。ラミーのニブだけでなく、他のメーカーも揃ってるので、まとめ買いを決めたら利用してみても良いかもしれません。

ただ、サイトに夫婦二人の少人数なお店だから、せかせかした人はご容赦的なことは書いてありました。繰り返しになりますが、なんでも海外に頼むときはのんびり気長にリスクもあるよ、と腹をきめて。

今回はEFと初心者向けのA、JOY用で持ってなかった1.1と1.9、よくわからないMと頼んでみました。

若干、山栗と混ざり気味のPILOT色彩雫夕焼けで持っているニブの比較をしてみました。
PILOTのEFに比べるとLAMYのEFは太いですが、個人的に、かたすぎることなくそれなりに細めの字をかけるので好きなのです。かきごこちが。
image-20130601004736.png

image-20130601004819.png

image-20130601004851.png

image-20130601004915.png

image-20130601005010.png

image-20130601005041.png

image-20130601005124.png

追記*その後、2度目の連絡にて再度送ってくれることになり、無事、正しい商品を受け取ることができました。やはり通常、注文してから1週間~10日程度で到着するのが普通のようです。それ以上かかるようだと、何かトラブルが起きているという目安になるようです。
前の10件 | - 買いもの日記 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。