So-net無料ブログ作成
検索選択
三谷幸喜 ブログトップ
- | 次の10件

来年の古畑。 [三谷幸喜]

来年のお正月あたりに、またまた古畑任三郎が帰ってくるらしいです。
しかも、今度の犯人役はなんとメジャーリーグの★、イチロー選手!
すごくないですか?よくオッケーしたと思います。
ダメ元で頼んでみたらオッケーだったとは、
『古畑』という作品の持つ力というのは相当なものですねぇ。
とにかく、今からすごく楽しみです。
前回の『すべて閣下の仕業』の時は、夜中にやった今泉の番組を見忘れました。
今回は忘れないようにするぞ~!


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

今回はチケットがとれた。 [三谷幸喜]

新宿・紀伊国屋ホールで公演中の『竜馬の妻とその夫と愛人』、
実は、まだ結構席を取れる可能性が有るかもです。
すっかり前売りを買うのを忘れたまま、お財布の状態も宜しくなかったので、
今回は……と思っていますが、
もし、観たいと思っている方は、劇団の方へお問い合わせをしてみてはいかがでしょう。
「その夫」役は今回ダブルキャストで、前半は平田満氏ですが、
後半は山口良一氏です。山口氏バージョンを観てみたい気もするけれど……、
今月は支出が多いので、厳しいなぁ。
しかし、年末のパルコ公演、
『12人の優しい日本人』こちらは前売りをゲットできました。

続きを読む?


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

『THE有頂天ホテル』の予告っぽいのをみた。 [三谷幸喜]

王様のブランチを見ていたら、 映画コーナーで、ちょうど『THE有頂天ホテル』の映像が流れたので、
しっかり見ました。
こちゃこちゃして、人が入り乱れて、おー、三谷映画ー、と期待も高まる。
役所さんがトナカイのかぶりものをかぶりっていてぶっと吹いた。
たぶん、普段真面目~な映画をとっていると、役者さんたちは、
三谷映画で弾けたくなるのでは、と思いました。もちろん演じているんだけど、
大変だけど、楽しいからありとあらゆる役者さんがオファーを承諾するのかなー。
公開は2006年1月14日です!


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『THE 有頂天ホテル』 [三谷幸喜]

来春、公開予定の三谷映画第3弾、『THE有頂天ホテル』が楽しみです。
お得意の環境設定で繰り広げられるドタバタに期待したい。
キャスティングも三谷作品に馴染みのある人が多く、
三谷さんの期待通りのリアクションもしくは期待以上のリアクションを
得られて、上手く行くとよいですねぇ。
『みんなのいえ』の時は、初日封切りに有楽町で朝っぱらから並んで、
しっかり舞台挨拶を見てきました。
今回はそんな体力が残っているかはわかりませんが、
『ラヂオの時間』を観た時も『みんなのいえ』を観た時もとても楽しい
観賞後のひとときを得られたので、
今回もしっかり期待したいなぁ。
『なにわバタフライ』、DVDにならないのかな。頑張って当日券狙えばよかったな……。
『THE 有頂天ホテル』


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

2005年、舞台『笑の大学』再演版のDVD発売。 [三谷幸喜]

三谷幸喜もの、大好きです。
自他共に認める三谷好きです。
結構、三谷さんはネット上に載っているご自分に関連するコメントを読んで、
一喜一憂されていると聞きますが、私もここで三谷さんの作品等について
触れていきたいと思っております。


さて、カテゴリー創設のよききっかけとなった情報はこちら。
1994年にラジオドラマ化、そして1996年に舞台初演、1998年に再演されて、
2004年には映画化もされた、三谷作品としては評価の高い『笑の大学』の
1998年再演版がとうとうDVD化されることになりました!

パルコのWEBショップ以外に、
6月から全国のTSUTAYAにて店頭販売もされるということです。
さっそく、お買いあげです。価格は税込み5000円。
ちなみに今日27日は映画『笑の大学』のDVD発売日です。
こちらももちろん、スペシャルエディションを予約してあります。

今回の舞台DVD化にあたる特典として、コメンタリーはついていない模様。
私は今回DVD化される、1998年パルコ劇場での再演を当日券で観ました。
舞台袖に設置された、考えてみると特別なアングルでの観劇だったので、
今回のDVD化で普通アングルを観るという、楽しみが増えました。
ちなみに、初演は、昔NHKお正月特番で夜中に『巌流島』と共に
2夜に渡って放送されました。当時ビデオ録画していた人は貴重ですよ~。

続きを読む?


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート
- | 次の10件 三谷幸喜 ブログトップ