So-net無料ブログ作成
検索選択

『ピアノのすきなおうさま』をもう一度手に入れたい。 [子供の記憶の棚]

なにげにネットサーフィンしていたら、
わたしの気になっていたお話がなにだったかが、
急にわかりました。
多分、最初に疑問をブログに載せた時には
時間軸的にこの情報はネットになかったから、
検索してみるものですね。
今となっては、展示会にいってもう一度現物を見たかったですが、
時すでに遅し。

さて、その本は、
http://74th.net/archives/1246
上記のブログで紹介されている、
ピアノのすきなおうさま』
(PR誌『ピアノ小読本』YAMAHA・日本楽器製造株式会社1983年)です。
ありがとう、ブログの中の人。
まさに、説明通り、ヤマハのピアノの冊子でした。
ロールスロイスと王様が出てきている。ビンゴ。
説明文を読むと思いだしてきました。確かにどこにいっても
ピアノをひくという流れだった気がする。
訳は谷川俊太郎、絵は堀内誠一、なんとも豪華な組み合わせだったんですね。
堀内誠一氏の絵、好きだから、きっと子どもの頃もその絵が好きだったんでしょう。
1冊の本として販売してほしいところなのです。
でも、すっきりした。
残している人なんてめったにいないだろうから、
もう一度手に取るのは難しいだろうな。
本当はどこかを探せば眠っているのかもしれないが、
逆に子どものころに触っていたものだから、どこかに行ってしまっているのが可能性大。
そして訳、とあるからには、原文があるということか。
しかし、絵は堀内誠一だから、原書は絵がちがうのかな。
いずれにしても、これ以上の追走はむりかなぁ。
いわさきちひろ美術館で2011年10月26日(水)~2012年1月29日(日)
に企画展として開かれていた、「谷川俊太郎と絵本の仲間たち-堀内誠一・長新太・和田誠-」
で現物が展示されていた様子。うーん悔しい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。