So-net無料ブログ作成
検索選択

シガレットケース、その2 [革]

友人の誕生日プレゼント、その2。
この革はヌメ革より柔らかいので、なんとかなった。
縫い始めの見当をつけるのを間違ったために、先にマチをくっつけたので、筒縫いがしんどく、その後に、無理やり糸の始末をフタ裏に隠すため、マチ側の方から這い上がってくるのが面倒だった。どこから縫い始めるのかを決めるのは慎重にすべきですね。

正面。この金具が気にっています。
110920_235246.jpg
ふたを開けたところ。ふたはハギレを適当に型紙なしであてたためにいびつになっているのは内緒。やっぱりちゃんと型紙つくんないとダメですね。
110920_235258.jpg
後ろ。ふたはカシメでまにあわせてしまいました。また、筒縫いはクロス縫いで。前述の通り、フタの裏に縫い終わりが来るようにして、一応見た目はきれいになるように努めました。 110920_235311.jpg
斜めから。本来のこの革の色はこの写真が近いです。
シガレットオレンジ1.jpg
ふたを開けた中の感じ。裏処理はだいじですね。毛羽たちを抑えるだけで、だいぶ違います。
シガレットオレンジ2.jpg
底。マチと側面の断面をきれいにそろえられなかったのは初心者ということで許してもらって、そのボコボコ感を隠すために、コバコートを塗ってみたら微妙な色合いだったので、ふたの側面に塗るのはやめました。その上から一応コバスリックも重ね塗りしました。テカりがありますね。
シガレットオレンジ3.jpg
この作品は中にはいるタバコと本体との余裕がちょうどよく、使用する人も無理なく取り出せるようにできました。よかった、よかった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。