So-net無料ブログ作成

柳家さん生による落語『笑の大学』 [三谷幸喜]

東京かわら版を買っていたおかげで、

昨日の柳家さん生さんの会をしり、

行くことができました。


どこかのコメントで三谷氏がロシアでも芝居になったし、

落語にもなった、といっていたのを見て、

「何時の間に落語まで?」と思っていた、

『笑の大学』。1日限りのさん生氏による落語再演を

ききに行ってまいりました。


ラジオドラマ、舞台、海外での翻訳舞台、映画、そして

落語、あらゆる形で演じられた『笑の大学』。

未見の方は、まず舞台版をオススメします。

DVDはパルコのショップで買えます。

ま、一番手軽なのは、映画のDVDをレンタル、ですね。


さて、今回の独演会、

場所は千石の三百人劇場。老朽化のため、

閉館が決まっているとのことで、貴重な訪問となりました。



舞台版の向坂と椿のやりとりを

ベースとしていましたが、落語としてのお楽しみは、

向坂や椿が検閲室を離れた、自宅や劇場での場面でした。



さん生氏の解釈に基づくつくりで、

笑いも多く、楽しめました。



検閲室に当たる場面の時は中央に座って、

向坂家の様子は舞台向かって左の座布団、

劇場での椿たちの様子は向かって右の座布団へ

移動しての語り。これはなるほど、と思いました。



何度となくこの舞台を観ている私は、ハナシの展開を

知りすぎているので、三谷さんの作った部分では、

舞台版とは違うテンポだったからか、何なのか

若干眠気をもよおしてしましましたが、落語オリジナルの

部分は楽しかった。

お年をめしたかたも、バリバリ笑っていました。



とにかく一人で2時間話し尽くせるのは大変なことです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。