So-net無料ブログ作成

舞台『12人の優しい日本人』感想。 [三谷幸喜]

12月15日の夜公演で、観てきました。
その日のうちにブログをアップしようと思いつつ、
全然記事作成に向かわずじまい。
『なにわバタフライ』を観た後、ちょっと映画の『12人~』を観賞後、
『M-1グランプリ』が始まったので、ご飯の用意をしつつそれをみはじめました。
そうこうしているうちに、夜中になって、あ~ブログに~と思い、
久しぶりに書きまくっています。
観劇後の感想。
かなりの回数、映画の『12人~』を鑑賞しているわたしですが、
それでも、それなりに楽しかったです。
実は、話の流れもよく知っているし、たとえ三谷氏の作品でも、
ちゃんと楽しく観られるか心配な部分はありました。
しかしながら、東京サンシャインボーイズの『12人~』と、
中原俊監督の『12人~』と違う、今年ならではの『12人~』が楽しめたという点で、
楽しく観劇出来たのは事実です。以下ネタバレあり。


時事ネタいっぱいで、とても楽しかった。
こういうのを盛り込むことができるのは、舞台ならではですね。
*鳴門大橋ネタが、愛知博のマンモスネタに。
映画ではない導入部分での話。
*若花田、貴花田が琴欧州ネタに。
*ミロ→ヤクルト→ミロ。
出前の時、東京サンシャインボーイズの時にミロだったのが、映画ではヤクルトに
変わっていましたが、今回また確かミロに。
*ポパイ→ダヨーンのおじさん→姉歯氏に。
これがかなりうけていましたが、6号がラクガキをしている場面で、
何をラクガキしているか、という時に「姉歯を描いていると落ち着くんだよ」というところで
かなり大ウケしていました。これは今この時期だからこそ受けるネタです。

簡単にいうとこんな風に「今だからネタ」がちりばめられていて面白かった。
もちろんこういう部分以外にも、それぞれの役者さんに合わせた口調だったり、
間の取り方や、台詞だったりして、色々かなり変わっていてすごく新鮮でした。
開演前に舞台の側まで降りていって、観察した時に、この小さいイスは、
だれが座るか、と思っていて、やっぱりぬっくん(温水氏)かね~と話していたら、
やっぱりそうだったのも面白かった。
浅野さんの体の柔らかさ、意外にキャラが濃かった堀内さん。
山ちゃんはやっぱり声がかっこいいからか、舞台でもすごく映えるな~と思ったし、
小日向さんの9号も映画よりもちょっとコミカルな感じがしました。

残念だったのが、舞台の中心ではなく、端で細かく演技をしている役者さんが、
角度的に見渡しきれず、笑いどころを逃してしまった時があったかなぁということです。

三谷氏の最近の脚本掲載嫌い傾向は、『オケピ!』でのコメントしかり、
『川、いつか海へ』のシナリオ掲載も三谷氏部分だけ載っていない点をみても
明らかではありますが、映画の脚本は月刊『シナリオ』に、
東京サンシャインボーイズの上演台本は、
『しんげき』に掲載されています。図書館に行けば、今でも読むことができるでしょう。
映画の方に関しては企画じんのひろあき氏X三谷氏の対談も載っているので、記事としては
興味深く読むことができるかも。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。