So-net無料ブログ作成
検索選択

『姑獲鳥の夏』をみた! [映像の棚]

想像以上に拍子抜けの観賞後。
う~ん。独特の雰囲気はあるのですが~、
なんか、なんか、期待しすぎたか?
大変個人的な意見を言えば、木場修が納得いかなかった。
でも、京極さんは上手に演技してました。
講談社のフライング的『邪魅の雫』発売予定の取り消しも落ち込みましたし。
実際、今回の入り加減で、今後の映画化も決まっていくと予想していましたが、
果たして、次はあるのか……。
何の予備知識もない人は映画だけでみんなわかるのかな。
役者さんたちはあってるかもねぇと思う人が多いんだけどなぁ。
DVDになったら、もう一度見てみるか……。
レイトショーで観ました。
封切り後そろそろ一ヶ月、という頃に観た、この作品、
他の映画館の入りはどうなのかわかりませんが、
私の行った109シネマズでは、だいぶがらがらでした……。
これは、京極夏彦のデビュー作でもあるベストセラーを映像化したもので、
キャスティングなどは京極氏のお墨付きで、ということで、かなりの期待感を持っておりました。
700円で鑑賞前に購入した、パンフレットによると、
監督の実相寺氏は「ウルトラマン」シリーズで有名な方だそうで、
カメラやその他のスタッフも、彼と共に仕事をしてきた方々で構成。
実はかなりの力のいれようだったようです。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 2

hitomi☆

そうなんだ。
チョッと楽しみにしてたのに。
あっお久しぶり☆ちょっと死んでた。
もうちょっと元気になったら、観に行こうと思います。
そして、同じ感想を持つかな??
by hitomi☆ (2005-09-11 09:37) 

まるがお

hitomi☆嬢>>おはよう。
生還おめでとう。
観に行くまで、やっていると良いが……。
感想は人それぞれなので、ある意味、ベタ映画な
あの雰囲気が良い、と思う人は好きかもしれないし。
もう遠い記憶なのでどうだべか~。
by まるがお (2005-09-11 09:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。